食べられる野草野蒜(ノビル)を栽培


皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

どーも、しんたろーです!

最近なんですが海水浴場の近くにある空き地に行ってみると、食べられる野草で有名な野蒜(ノビル)を発見しました。

空き地は草刈りが行われ周辺は枯れ草ばかりで目立つように野蒜(ノビル)が生えていたので、ひょっとしたら野蒜(ノビル)かもしれないと思い近づいて観察してみたんです。

観た感じでは野蒜(ノビル)っぽい、はっきりと確信はもてなかったので試しに掘って根っこを引き抜いてみると、ネギのようなニラのような臭いがあったので野蒜(ノビル)で間違いなしでした!

※似ている野草でスイセンやタマスダレにはネギやニラのような臭いは無いそうです。

スイセンやタマスダレには毒があり、無臭なので臭いが無ければ食べないようにしてください。

沢山生えている場所があったんですが、なんか葉っぱが違うような気がしました。

おそらく野蒜(ノビル)だったかもしれませんが、根っこを引き抜いてみないと分かりませんね。

野蒜(ノビル)は葉っぱや球根部分を食べる事が出来るそうなんですが、実は栽培も比較的に簡単だと言う事で植えつけました。しっかり根付いて育ってくれれば良いんですけどね。

球根部分を植えつければ増やすことも出来るそうです。

全部育つかは分かりませんけど、毎年プランターで野蒜(ノビル)が収穫出来ると良いですよね!

栽培が上手く行ったら野蒜(ノビル)の栽培方法も書いて行こうと思います!良かったらまた観に来てください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です