ペットボトルを使って水耕栽培でスプラウトにんにくを作ってみた!


皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

どーも、しんたろーです!

とても栄養価の高いスプラウトにんにくの作り方を紹介致します。

簡単に作れましたので興味のある方は是非ご自宅で作られてはいかがでしょうか?

スプラウトにんにくは約10日程で収穫して食べる事が出来ます。農薬や肥料も必要とせず栽培が出来ます。

まず500mlのペットボトルを用意します。カッターナイフでペットボトルを半分にカットします。

にんにくの芽と根っこが出る部分を少しカットします。にんにくの皮の部分を全部剥いでも良いみたいです。

にんにくの芽を上にして、にんにくの根っこが出る部分まで水を注ぎます。

これで完成です。あとは窓際や屋外の日当たりの良い場所に置くだけです。

わずか1日で新芽と根っこが出るくらい成長が早いです。

水の中の雑菌を殖やさない為に水は出来れば毎日、なるべく2日くらいで新しい水に交換してあげましょう。

約10日もあれば収穫出来ます。

スプラウトにんにくは皮の部分を剥いでしまえば葉の部分から根っこまで、まるごと食べる事が出来るそうです。通常のにんにくよりも栄養価が高く、にんにく特有の臭いも少ないようです。

天ぷらにしたり素揚げで食べたり、他にも色んな食べ方で美味しいようです。

簡単に栽培が出来ますのでチャレンジしてみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です