【再生栽培】スーパーのリンゴを種から約1年育ててみた結果


皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

どーも、しんたろーです!

スーパーで買ったリンゴ、

「リンゴの種から育ててリンゴ出来るんじゃない?😋」そんな思いから育ててみることに!

2月頃にスーパーで買ったリンゴの種を水を含ませたコットンに浸けて置くと芽が出たので、

急いで植木鉢に移してみると順調に成長して早くも本葉が出てきた苗もあります。

3月31日になり、リンゴにとって良い条件が整っているのか?すくすく成長しています。

4月10日、種を植える時は全部が育つか分からなかった為、1つの植木鉢に多く種を植えてしまったわけです。

結果、全部育ってますね。😱

そろそろ分けないといけません。リンゴの苗を確認してみると下の葉が黄色い感じになっている苗もありました。

リンゴ栽培ど素人の自分には何が原因なのか分かりません。🤢

6月の梅雨時期に入り、リンゴの苗が病気になります。近くに植えているバラの葉っぱが白くなっている事に気づき、調べてみると「うどんこ病」に罹っている事が分かりました。

しばらくすると近くにあったリンゴの苗も罹ってしまい、次々に苗が枯れて駄目になってしまいました。

10月1日、最後の1本です。7月8月9月は長雨だったり猛暑が続いたりでリンゴの苗は次々に枯れていきました。「うどんこ病」が治った苗も枯れてしまったので残念ですね。この1本もどうなるかわかりません。

約1年ほどリンゴを育ててみて、改めて分からない事ばかりでした。リンゴの栽培方法をインターネットでもっと調べてみて、もう一度挑戦してみようと思います。

また育て始めたらブログに書いたりYouTubeに投稿していこうと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です