再び奄美大島に旅行へ行きました! おがみ山公園や島料理『喜多八』に行ったり奄美ポートタワーホテルに泊まりました!

LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`newsing` not found]

皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

 

 

どーも、しんたろーです!

 

 

今回は奄美大島へ短期間ですが旅行へ行ったので少しだけですけど奄美大島を紹介したいと思います。東京や大阪からだとバニラエアーで格安で行けるみたいで、是非休みが取れた時は観光へお越しください!

 

 

そうは言っても夏はかなり暑いので行くなら10月からがいいかもしれません。台風も多いですからね。

 

 

 

 

すぽんさーりんく

屋仁川通り

DSC_0641

今回僕が宿泊したホテルは『奄美ポートタワーホテル』というホテルで、居酒屋やスナックなどが立ち並ぶ屋仁川通りが歩いていける距離の所に宿泊しました。

 

 

やっぱり親戚とかいるので夜は飲み屋に連れて行かれるので、繁華街に近いホテルはおすすめですね。

 

 

学校からの帰り道となっているので夕方は学生が多く、夜になると大人たちが多くなりますね。

 

 

DSC_0656

じゃらん』なんかでツアーで申し込めば格安だと思います。シングルで素泊まりプランでも4500円くらいで宿泊出来ます。

 

 

屋仁川通り近くにあるホテルもあるのでそちらでもいいかも?飲みに行くなら近くのホテルがいいでしょうね。

 

 

島料理を食べるなら喜多八へ

DSC_0755

奄美市名瀬入舟町18-30にある奄美大島の料理を食べるなら『喜多八』が良かったです。

 

 

島料理は野菜や豚肉を使ったものが多く、お刺身、油ソーメンなど美味しかったです。『喜多八』さんの所はお客さんが多く写真が撮れませんでしたが、奄美大島の料理を食べてみたい方は是非『喜多八』さんへ行かれると良いと思います。

 

 

奄美大島の料理って食べたことが無かったので一度は食べてみたいと思っていたので良かったです。黒糖焼酎も飲みやすくて飲みすぎちゃいましたね。

(≧▽≦)

 

 

島唄とか聞けたり結構盛り上がってるお店ですし、女将さんも気さくでいい感じのお店でした。今回は予約なしでも大丈夫でしたが、お客さんが多いので満席の場合もあります。確実に行きたいなら予約をされるといいでしょう。

 

 

 

 

 

おがみ山公園の展望台へ

DSC_0644

おがみ山公園の展望台では奄美市内を観ることが出来るんですが、前回もそうでしたが南国って晴天の時が少ない感じがします。曇りの時が多くて、この日も晴天なら夕日が綺麗だったと思うんですが曇りがちだったので少し残念でしたね。

 

 

おがみ山公園は大島支庁の近くにあります。ちょっとした山ですし夏は登るだけで大量の汗でしたね。

(;´・ω・)

 

奄美ポートタワーホテルから徒歩で約15分で行けると言われましたが、『徒歩で30分はかかったような・・・?

(;´∀`)

 

 

photolibrary

プロの方が撮影するとこんな感じに綺麗になります。

(;´∀`)

 

 

 

 

自然が大好きなので、森を観ていたら沢山の蚊に囲まれてしまったので慌ててスキンベープミストをかけました。スキンベープミストをかけるとほとんど蚊に刺されないです。是非お試しください!

 

 

 

DSC_0642

奄美市役所や大島支庁側からだと、おがみ山公園入口に猫ちゃんたちがいるのでわかりやすいかもしれません。可愛らしいんですが、最近は奄美大島の貴重な生き物たちを食べたりして生態系を脅かす存在となっているため、この場所にいるのかわかりません。

 

 

奄美大島にしかいないアマミノクロウサギなどを食べたりするので、野猫は捕獲が行われるそうです。

 

 

DSC_0668

奄美大島でも戦争の時は空襲があったそうです。沖縄と同じでしばらくはアメリカの領土でした。

 

 

DSC_0661

今回も卵おにぎりを食べましたよ!

 

 

今回の卵おにぎりは中身にランチョミートにマヨネーズが入っているもので美味しかったです。親戚のお家に作ってもらったのは中身にゴーヤとミソが入ったものでこちらも美味しかったです。

 

DSC_0648

こちらは鶏飯、こちらはスープが甘めでした。

 

 

 

 

 

DSC_0691

福岡県からはJALしか無いみたいなので、結構高いです。はやく関東や関西のようにバニラエアーみたいに格安で行けるといいんですけどね。

 

 

近いうちにまた行きたいですね。スナックに行って飲み過ぎて途中でリタイヤしたのでホントに飲み過ぎには注意ですね。

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

すぽんさーりんく

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA