庭に自生していたシダ植物をペットボトルで育ててみる


皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

どーも、しんたろーです!

庭の日陰に年中生えていて、いつも草むしりの時に引き抜いていたんですが、いつの間に生えている気になっていた植物、調べてみるとシダ植物の一種でした。

画像で検索してみると似ている種類が多く、色々な名前が出てきて結局分かりませんでした。でも魅力的な植物だったので育ててみる事にしました。

庭の日陰に自生していて直射日光が必要では無いと言う事で室内でも育てやすい?

しかも湿った場所が良いなら「底面給水型が向いているんじゃないか?」と思い、ペットボトルで作って育てる事にしました。

湿った場所で良いそうですが、底面給水型は根腐れの可能性もありそうなので、ゼオライト入りの培養土にしてペットボトルは沢山の穴を空けて、なるべく蒸れておる場所を減らすようにしました。

まぁ、どうなるかは分かりませんがそだててみます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です