久しぶりに実家のゴミ屋敷にある汚いフライパンを捨てたり片付けたり


皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

どーも、しんたろーです!

お盆休みになりワクチンを2回打った父と母は旅行へ行ったので、久しぶりに実家のゴミ屋敷を片付け出来ることになりました。

今回は燃えないゴミの日が近いので、キッチンの所にある収納棚の燃えないゴミを探してみようと思います。

今回は数年間全然使っていないフライパンなどの燃えないゴミから捨てる事にしました。

早速、台所の下にある収納棚を覗いてみると全く使われていない汚れたフライパンばかり。

こびりついた汚れが目立つフライパン、外側は白いカビも生えて何年も使ってない、今後も使いそうにないので捨てる事にしました。

十分に洗ってないからなのか?残ってる汚れからカビが発生しちゃってます。これは処分ですね。

こちらのフライパンも白カビ?何か正体不明な汚れが付いていて、全然使っていないので処分する事にしました。

一番ビックリしたのが、このフライパンです。

油を入れたまま数年間放置された結果、真っ黒な状態になっていました。このフライパンも捨てます。油って干上がる事は無いんでしょうかね?(油を処分するのが大変でした。🥵)

5枚も汚なくて使っていないフライパンを捨てることが出来ました。これが減るだけでも場所がスッキリするので片付けて良かったです。😊(ついでにお茶が入っていたスチール缶も捨てました。)

続いては上の収納棚、こちらにも何かあるかもしれないので早速見てみようと思います。

上の収納棚は比較的に綺麗に整頓されてましたね。高いところにあるので、あまり利用しなかったんでしょうかね?

しかし、ここにも処分出来るものがありました。

なんと賞味期限が2007年のコンソメがありました。すっかり忘れていたんでしょう。これは処分ですね。

自分でも何を捨てていいのか迷ってしまう事が沢山あるんですが、それでも賞味期限切れ、消費期限切れ、全く使用していない物などは捨てても問題無いので、ハッキリ捨てれる物は、どんどん捨てていこうと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です