仲間・友達・家族のケンカ仲裁は難しい


皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)



どーも、しんたろーです!



皆さんは仲間・友達や家族同士がケンカしていた場合、仲裁に入りますか?最近仲間同士の些細なケンカに遭遇してしまったんですが、僕はどちらとも仲が良いのでケンカの仲裁に入ったんですが、まぁー、ケンカの仲裁って難しいですね。



お互いの言い分もあるし、ちょっと僕の答えがどちらか側に寄り過ぎてしまうと、『お前もあいつの味方かよ!』みたいな事になり、僕にも被害が及んでしまいそうになりましたね。



学生時代にもケンカの仲裁は経験はありますが、その時は僕にも被害が及んで二人から嫌われちゃった過去がありますが、今回も同じような事になってしまうんじゃないかと仲裁に入るのはどうかと思っていたんですが、結局はケンカの仲裁に入ってしまいましたね。
(;゚Д゚)



やっぱりどちらも大切な存在だからでしょうけど、知り合いで些細なケンカで友達解消してしまったのも観てますし、十年以上経っても大っ嫌いみたいですからね。そんなことにならない為に僕はケンカの仲裁に入ってしまったんでしょうね。




二人の言い分を聞くとホントに些細な理由なんですが、これがどちらも折れない性格で困りました。どちらかが折れて誤りでもすれば直ぐに解決しそうな感じでしたが、どちらも謝るのが嫌で仲直りするまでは結構時間がかかりましたね。



仲裁とかホントに苦手な事なんで、めちゃめちゃ疲れました。でも何とか解決出来たので、その方法を書いてみました!


お互いの言い分を聞いてあげる

僕自身、そんなにケンカの仲裁なんてしたことが無かったので、色々しらべてみたら、何でケンカが起きているのか?お互いの言い分などを、とにかく聞いてあげることが大事みたいですね。ケンカしている同士が近くにいるとヒートアップしてしまうそうなので、引き離してから一人、一人の話しを聞く事が大事みたいです。



とことん言いたいことは喋ってもらうことがいいみたいです。それを知って僕も、とにかく言いたい事を言わせて聞いてあげました。
(´・ω・`)



ミラーリングが大事

相手の話を聞いてあげる時は、時々、相手と同じ行動をしてあげると良いそうです。その場に飲み物があるなら相手が飲み物を飲んだら自分も飲み物を飲むなどしてあげるといいそうですね。



とにかく中立な立場に立っておかないとヤバイみたいです。あなたの味方ですよをさり気なくやらないといけないようです。



相手の思いを伝える

ケンカで怒ってしまうと相手の話しって意外と聞いてない。それから上手く相手に思いが伝わってないのがいけないみたい?何で怒っているのかを聞いてあげるといいみたいです。


あとは相手のやり方が気に喰わないと意地でも反対するので、この説得が非常に難しいです。これは説得しないほうがいいのか?ホントわからない。ただ相手の話を聞いてあげるのはいい事みたいなので聞いてあげるしかないでしょうね。



相手の話を聞いている時は、あいづちも忘れずに!!



時間を待つ

時間が解決してくれると言う言葉があるように、しばらくは仲直りするまでは待った方が良さそうです。



ホント昨日まで普通に仲良かったのに、いきなりケンカしてしまうんでホント困るわぁ~。
(;´∀`)



少しでも対処が間違うと絶縁とかに発展してしまうし、人間関係ってマジで面倒です。



皆さんも仲間や家族、友達がケンカしてしまう場面に遭遇してしまう事もあるかもしれません。絶対に仲裁が出来るかは正直やってみないとですね。あんまり凄いケンカの場合は仲裁のプロ警察官にお願いしたほうがいいですね。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です