新しい薬オプシーボとは?癌の特効薬となるのか?


皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)




どーも、しんたろーです!




今回は新しい薬オプシーボを簡単にですが調べてみました。オプシーボは癌細胞によって活動を抑えられている免疫細胞を活動できるようにしてくれる薬みたいで、自分の免疫力で癌と闘ってくれるそうです。幅広い癌に効果があるみたいで、かなり進行してしまった末期がんの患者さんにも生存されている方も出ているそうです。




正常な細胞にもダメージを与えると言われる抗癌剤に比べ、オプシーボは癌細胞に集中して他の正常な細胞にはダメージを与えないので患者さんの負担も和らげることが出来るみたいです。オプシーボは抗癌剤を投与した後の吐き気やめまいなどもないみたいですね。




オプシーボは高額

調べてみましたが、オプシーボはかなり高額です。点滴1回で133万円ほどの費用がかかります。1か月だと330万円、1年間では3500万円ほどの費用が必要になるようです。保険は適用とも書かれていました。



オプシーボの効果が本当にあるのかインターネットで調べてみると父親と同じ肺癌で全身にも転移がみられ、余命数ヶ月の患者の方もいましたが1年間使用して癌が治られてましたね。




進行した大腸がんの患者さんもオプシーボ投薬は始めてから1年後には60%も癌が小さくなったそうです。




オプシーボで死亡例

死亡例も確認されています。



自由診療の免疫療法を併用で副作用が6例あり、1人の患者さんが死亡したようです。また、オプシーボを投与後に肺癌向けの抗癌剤を使用した患者7人のうち3人が亡くなったとうニュースもありました。




これについてはオプシーボか、抗癌剤のどちらの影響があったのかわかりませんね。副作用も調べてみましたが免疫細胞が過剰に活性化され、肺や大腸に炎症が起きるなどあるみたいです。他にも副作用とみられる症状はあり、治験者の80%は何らかの副作用がみられたそうです。




新薬ですが絶対に癌が治せるとは限らないようです。オプシーボが効く人と効かない人がいるのも事実とも書かれていましたね。とても良いお薬なのは分かりましたが、やっぱり高額ですよね。



医療の進歩により癌を治せるようになってきたのは有難いんですが、やっぱりそれなりの医療費が必要になりますね。もう少し誰もが治療を受けられるようになってほしいものです。




最後まで読んで頂き、ありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA