ヤフオクで売れたもの、捨てる前に出品してみよう!


みなさんいもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)




どうもしんたろーです。




今回はヤフオクで売れた商品を紹介してみたいと思います。



掃除なんかしていると箱から1度も出さずに衣装ケースや段ボールにしまったままの商品が結構あったのにビックリしてしまいました。『なんで買ったのに使わなかったんだろう?』って思ってしまいましたね。



こういった商品が結構あるんです。購入した時は使うつもりでしたけど、結局使わないままだったので思い切って出品しました。



本当に捨てようとしたんですが、ひょっとしたら誰かが使ってくれるかもしれないと思い、半年出品してみて売れなかったら本当に捨てようと考えていたので、意外と売れたので皆さんも捨てる前に1度出品してみるといいかもしれません。



上のチタンネックレスは1165円で落札してもらえました。掃除のときに、あのまま捨ててしまっていたらと思うと、ホントに捨てなくて出品して良かったです。



オークションやフリマは自分で値段をつけることが出来るので売れると楽しいですよね!



何が売れるのかわからない

これは売れると思って出品しても全然売れない商品もあります。安くしても売れない物は売れません。



なので僕は身の回りの使わない物を出品しています。とりあえずは何でも出してみて、数か月様子を見てみる。



ヤフオクで売れなかった場合は、他のフリマアプリでも出品してみることをオススメします。



何でかと言うと、フリマアプリによってユーザー層が違うみたいで、たまたまヤフオクには買ってくれる人がいないだけで、他のフリマアプリには買いたいと思っている人がいるかもしれません。ついでにヤフオクの良い所も紹介したいと思います。



会員数が多い!

ヤフオクは3200万以上のアイテムが出品されていて凄い豊富な品揃えです。



会員数も約1100万人以上が利用しています。ヤフオクを利用している年齢層ですが、30代以上が多いそうです。



10代から20代はメルカリが多いみたいですね。利用している人が多いので売れやすいと言われています。



ただし、会員数と言っても出品したい人が多いのか、落札したい人が多いのかわかりません。どちらが多いのかわからないので、会員数が多いからと言って売れるわけでは無さそうです。



毎日沢山のアイテムが出品されているという事なので、出品者の方が多いんじゃないでしょうかね?出品者の中には『ストア』と書かれた方も多いですし、落札者は少ないんじゃないでしょうか?



取引ナビが便利!

落札されたら取引ナビの順番にしたがって行動すればいいので便利です♪



落札した方も支払い方法などナビの順番に従って行動すればいいので、何をすればいいかわかりやすいですね。




会員費がある!

ヤフオクに出品するにはYahoo!プレミアム会員費498円が必要になります。少しずつ上がっている感じなので、今後も上がる可能性があるかもしれません。



追記

2017年5月頃にSoftbankからメールの知らせがあり、Yahoo!プレミアムは10月頃で廃止になるそうです。Yahoo!プレミアム会員はまだまだ入会することができ、しかも無料で利用が出来ます。



今後は月額498円を支払わなくてもいいようになるみたいな事が書かれてました。



本当に支払いが無くなるのかわかりませんね。
(;´∀`)




今後も上がっていくようならメルカリに多くの人達が移ってしまうと思うので、上がらないでほしいですね。



ワンプライスで出品する方は登録は無料、ただし、落札システム料は10%取られます。




落札システム料がある!

出品した商品が売れたら、売れた金額から落札システム料が差し引かれます!



ヤフオクは1円開始からスタート出来ますが、1円で出品していたものが売れると54円の落札システム料が取られるので注意です!




自動車などは出品手数料、落札システム料が必要になります。Yahooかんたん決済など便利な機能が増えているので手数料は仕方ないことですね。損しないためにも出品する価格は高めに設定すると良いと思います。




意外な物が売れている

ペットボトルのキャップ10個で230円という値段で売れています。



ただし送料が無料となっていたので、売れたとしても送料+梱包代+落札システム料などを差し引くと利益は数十円だと思います。




他にもトイレットペーパーの芯が100本で300円で売れていたり、意外な物が売れている感じですね。『トイレットペーパーの芯って何に使うの?』って思いますよね~。



答えは夏休みの自由研究の材料に使われるそうです。皆さんのご自宅には壊れた家電製品がありませんか?



壊れた家電を処分したい場合は、市に回収してもらおうと思えば数千円の費用が必要になりますが、ヤフオクだと壊れていても購入してもらえる事もあります。



壊れていたとしても中の部品を使いたい人もいるようで、本来だったら数千円支払って処分する家電が数千円の利益になることもあるので、処分する前に一度ヤフオクへ出品してみるといいでしょう。




安売りはダメ!

最後にヤフオクなどにもデフレの波が押し寄せてます。同じ商品を出品している方も沢山いるし、売れないからと言っても安売りは止めたほうがいいです。



今回僕が出品した商品も安売りはしませんでした。




僕はTwitterやFacebook、ブログなどに宣伝が出来るので宣伝してみて決めた期限内に売れなければ単品ではなくて、複数の商品をセットにして出品するつもりでした。



なので売れない時は安売りをせず複数の商品とセットで出品してみてもいいかもしれません。意外な物も売れますけど儲からない物はやらなくて良いと思います。



商品以外にも商品を入れるダンボールや封筒などを用意する必要がありますし、商品を発送するのも時間を必要とします。簡単でいいので、ちょっと計算してみて赤字になりそうならやらなくて大丈夫です。



もっと利益が出せる物を出品しましょう。安く売りたい場合でも数百円以上の利益が出るようにしたほうがいいです。ヤフオクで売れない時はメルカリにも出品すると売れる時もあります。



ヤフオクで全く反応が無かったのに、メルカリでは直ぐに売れたりもあるので売れない時は場所を変えてみるといいでしょう。オークションなどで凄く稼いでいる主婦もいるみたいで、こういう方の売り方などを学んでみるのもいいかもしれません。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です