ダンゴムシの糞(堆肥)を使って野菜を栽培してみる!


皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

どーも、しんたろーです!

今回はダンゴムシの糞と土(堆肥)を使って植物の成長に良いのか実験をしてみたいと思います。

ミミズを使って家庭から出る野菜や果物といった生ゴミを分解させて出来た堆肥ってありますよね。

ダンゴムシのフンが肥料になる!

自然界ではダンゴムシもミミズと同じように植物を分解する役割なので、「ひょっとしたらダンゴムシの糞でも植物を育てられるかも?」と思って実験してみる事にしました。

身近にいるダンゴムシ、自然界では主に落ち葉や枯れ草、昆虫類の死骸などを食べていますが家庭菜園では植物の新芽を食べてしまうこともあり害虫として扱われる事もあります。

実はこのダンゴムシはミミズと同じように土壌を耕してくれますし、家庭から出される生ゴミを食べてくれます。

ダンゴムシの糞は微生物のエサとなり、微生物が分解することで植物の肥料にもなるようです。

ダンゴムシ堆肥完成!

趣味で約2年間ダンゴムシの飼育をしているんですが、そろそろ飼育ケースを掃除したいと思っていたので、この糞が沢山入った土(堆肥)を野菜の栽培に使うことにしました。

まず初めにダンゴムシの飼育で使用していた土の紹介です。100円ショップで売られていた土です。

この観葉植物の土とバーミキュライトを入れて2年間ダンゴムシの飼育に使用しました。

この土にダンゴムシのエサとなる落ち葉、朽ち木、藁、サンゴ石、イカの甲、カキ殻、家庭から出る野菜・果物くず、ザリガニ、メダカのエサなどを与えてあげました。

一見すると土にみえますが、落ち葉や藁、朽木などを食べて沢山の糞が山積みです。

ダンゴムシの糞で水草の成長実験した論文を見たんですが、ダンゴムシの糞を水の中にいれると緩やかに弱アルカリ性に傾くそうです。

この土も、ひょっとしたら弱アルカリ性に近いかもしれません。なので弱アルカリ性でも育ちそうで、しかも比較的に収穫が早いサニーレタスを栽培することにしました。

まずは大きな朽ち木や落ち葉の破片などを取り除いて、土と糞を野菜の栽培に使います。

本来は熱湯消毒などで土を殺菌した方がいいみたいなんですが、収穫したサニーレタスはダンゴムシに与える予定なので今回は殺菌しません。

9月26日

今回は成長に違いがあるのか実験してみたいので、左の植木鉢にはダンゴムシの糞が混じった2年間飼育で使用した土(ダンゴムシ堆肥)と、右は市販で売られている野菜の培養土でサニーレタスを育てます。

10月6日(12日目)

右の野菜の培養土から遅れること8日、ダンゴムシの土からようやく発芽を確認しました。

なぜダンゴムシ堆肥は野菜の培養土よりも8日も遅れてサニーレタスの種が発芽したのかは不明です。😅

まぁ、とりあえずは、ちゃんと発芽してくれたので良かったです。ここで発芽しなかったら実験は終了してしまいますからね😂

10月24日(30日目)

栽培を始めた9月頃は気温が33度まで上がる日が多かったんですが、10月中旬となり日中の気温も18~23度でサニーレタスに適した温度になったので順調に成長してきました。

水やりは土の中間あたりまで乾いてから、たっぷりと与えているんですがダンゴムシ堆肥の方は水はけが悪い感じで、右の野菜の培養土よりも染み込みにくいです。

しかも鉢の底まで水が流れてくるまで遅いですし、水やり数日後でも野菜の培養土よりも湿り気がとれません。

水やりに気をつけないと根腐れしてしまいそうで心配ですね。

11月19日(56日目)

いよいよ収穫できる大きさまで育ったサニーレタス。

どちらも成長はしていますが、見比べてみるとダンゴムシ堆肥の方が大きい感じがします。

ちょっと土の中の湿り気が心配でしたが無事に収穫出来るまで成長しました。

日当たり場所など同じ条件で育てていたんですが野菜の培養土は収穫まで、もう少し成長が必要ですね。

ダンゴムシのフンは植物の肥料になる!

とりあえずダンゴムシ堆肥でもサニーレタスは育てる事は出来ます。気になるのは水はけの悪さくらいですね。

水はけの悪さを改善するには市販で売られている土の再生材とか混ぜると良いかもしれませんね。

赤玉土やゼオライトなんかも良いかもしれません。

ダンゴムシは家庭菜園では害虫的な存在ですけど、ミミズのように植物栽培に活用できるかもしれません。

今回は、このような結果になりました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です