中国の新型肺炎怖いよね。今日から春節で日本は大丈夫?


皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)




どーも、しんたろーです!




中国の新型肺炎が話題になっていますよね。ニュースがあるたびに感染者が増えていますし、亡くなる方も増えています。




また色んな国でも感染者が出ていて、1月24日から終節を迎える中国の観光客が世界中に旅行に行くみたいなので感染が広がらないのか不安ですね。




中国では以前もサーズというウイルスが猛威をふるいましたが、今回の新型コロナウイルスも危なそうです。この新型ウイルスは人から人への感染が確認されており本当に心配です。




WHOは緊急事態宣言見送り

凄いニュースで騒がれているので危ないんじゃないかと思っていましたが、WHOは緊急事態宣言を見送りました。なのであんまり不安にならなくてもいいのかもしれません。





ただし、これから感染者は増えるのは間違いないでしょうし、なるべく中国の旅行者との接触は避けるようにした方がいいでしょうし、しばらくは人ごみの多い場所や観光地には行かない方が良さそうですね。




日本でも1月24日のニュースでは2人目の感染者が確認されています。1人目は中国からの旅行者で2人目も旅行者のようですね。日本人の感染者が出るのは間違いないとみてますし、個人が出来る事は、しっかり体調を整えたり手洗いなどをするしかないんでしょうけどね。(予防方法はインフルエンザの時と同じような対策でいいみたいです。)





観光客相手の商売をされている方々が一番大変でしょうし、たぶん全ての人の感染を防ぐのは難しいでしょう。感染するかしないかは人それぞれの免疫力次第でしょうし、これは運に頼るしかないのかもしれません。




例えば蚊を媒介する感染症のマラリア、このマラリアは血液型がO型の人は比較的症状が軽いものの、A型の人は重症化しやすいなどあるようで、今回も新型コロナウイルスも血液型によって症状が変わってくるのかもしれません。



しばらくはアリシンを摂る!

本当かどうかはわかりませんが、にんにくに含まれるアリシンという物質は抗菌作用があり、これを摂取することで感染予防も期待出来るようです。




アリシンは、にんにく以外にもネギや玉ねぎ、らっきょう、ニラなどにも含まれていますが、にんにくが一番含まれているそうです。




なので僕もにんにくでも食べて感染しないように終節が終わるのを待ちたいですね。にんにくに含まれるアリシンは熱に弱く、なるべくなら生で食べた方がいいそうで、市販で売られている生タイプのものを食事と一緒に摂取するといいようです。




緊急事態宣言を見送ったという事で、そこまで心配する必要はないと思いますけど、新型コロナウイルスには感染したくありませんよね。なので皆さんも是非にんにくでも食べて事態が収束するのを待つしかないと思います。




体調が悪い時はマジで観光とか人が多い所には行かない方がいいです。重症化したら下手したら死ぬかもしれないので自分の身は自分で守らないといけません。




最後まで読んで頂き、ありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です