最近アニサキス症が多くなっているそうです。生で魚介類を食べるのが好きな人は注意!


皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)




どーも、しんたろーです!



最近ですが魚介類などに寄生しているアニサキスという寄生虫による食中毒(アニサキス症)になってしまう方が多くなっているそうです。そこで今回は食中毒(アニサキス症)について調べてみました。





年間に分かっているだけで、毎年全国で約3000件くらいの発生があり、病院に行かない人もいるそうなので実際は3000件よりも多くアニサキス症になっていると言われています。日本人は刺身や寿司、海鮮丼など魚を生で食べることが多いのでアニサキス症になってしまう人も多そうですよね。


僕も刺身を食べた後に腹部に痛みがあった事がありましたが、今になってみればアニサキス症だったのかもしれません。
(;´∀`)




刺身とか海鮮丼って美味しいし、どうしても生で魚を食べてるので、アニサキス症になる確率が高くなってしまいますよね。







アニサキスとは?

photolibrary

アニサキスとはミミズのように長細い体をしていて大きさは3㎝程で白い色をしている寄生虫で、アジやイワシ、サバ、カツオ、サケ、タラ、ホッケ、マグロ、イカなど回遊魚などに寄生していることが多いみたいです。何故、アジやイワシ、サバなどの体内に寄生虫がいるのかというと、寄生虫を持っているオキアミというエビに似たプランクトンを食べる事に寄生虫が魚の体内に入ってしまうようです。



このオキアミっていうプランクトンはクジラや魚にとっては大好物みたいです。アニサキスはクジラなどの哺乳類の体内で卵を産むそうですが、この卵がクジラのフンと一緒に海中に排出され、このフンをオキアミなどのプランクトンが食べ、寄生虫に感染したオキアミを魚やクジラなどが食べる事で、アニサキスが生き続けられるサイクルが出来ています。そのサイクルに人間が入った為にアニサキス症に感染してしまうようになったんでしょうね。



イクラにもついてることがあるみたいで海鮮丼や寿司を食べることで寄生虫が体内に入ってしまうようです。アニサキスは普段は寄生している魚やイカなどが生きている時は内臓部分にいるようですが、寄生している魚やイカなどが死んでしまうと内臓部分から身の部分に移動してしまうようです。



アニサキスが人間の体内に入ってもずっと生き続ける事や繁殖することは出来ないそうです。おそらく永遠に生き続けられるわけでは無いみたいですけど胃や腸に穴を開けてしまうので、少しでも体内に入れないように対策は必要でしょうね。体内にアニサキスが入った場合のアニサキス生存期間を調べてみると、アニサキスが生きていられるのは数時間から数日間と書かれていました。




意外にもアニサキスはそんなに長い期間生きてはいけないみたいですね。少し安心しました。それでも生きている期間は胃や腸に穴を開けてしまう恐れがあるわけですから怖いですよね。



アニサキス症の症状は?

刺身など生魚を使った料理を食べた後、数時間後に腹部の痛みや嘔吐、発熱などが現れるようです。下痢などはみられないようで、他のウィルスによって引き起こされる食中毒とは違いがあるようです。体の中に入ったアニサキスは胃壁などに穴を開けてしまうそうで、腹部の激痛などが現れるみたいですね。




アニサキス症になってしまっても死んでしまうという事はなさそうです。人間の体内では長期間は生きていけないアナサキスですが、胃などに穴を開けられたら痛いでしょうから我慢せずに、このような症状が現れたら速やかに病院へ行かれた方がいいでしょう。



 アニサキスを予防するには?

アニサキス症の予防には生で魚を食べる機会を少なくすること、魚を食べる時はしっかり焼いて食べる。刺身や寿司、海鮮丼などは良く噛んで食べる。




魚釣りなどで釣れた魚やイカなどの刺身を食べる場合は、素早く内臓を取り出すことや身の部分に白いミミズのような生き物がいないかを確認する。また、身の部分に包丁で細かく切れ込みを入れるなどしてアニサキスを切断することで少しでも予防が出来るみたいです。


魚やイカを焼く時は60℃で1分、70℃以上で死滅してしまうそうです。冷凍ではマイナス20℃で24時間以上入れておけばいいそうです。(おそらく一般家庭の冷凍庫ではマイナス20以下は無理かもしれません。)魚を焼くか煮るかしか無さそうです。



よく噛んで食べると書かれてましたが、アニサキスは輪ゴムほどの硬さがあり噛み砕けないそうです。やっぱり焼くか煮るか、身に細かく切り込みをいれアニサキスを切断するしかないのかもしれませんね。海外旅行に行ったら寿司店などで寿司を食べるのは危険かもしれません。海外で寿司など生魚を食べる時は注意したほうがいいかもです。


海外ではアニサキス症が知られていないこともあるみたいで、日本料理をされているかたも刺身に寄生虫がいても取り除くこともしてない可能性があります。特に日本人ではなくアニサキスなどの知識がない現地の人が料理長だったりすると危ない感じはしますね。




海外は日本と比べれば捕獲された魚の扱い方は良くない所が多いです。日本に近い国でもお寿司屋さんがありますが、日本人ではない事も多いです。



知識不足が原因?

芸能人の方でもお店で寿司や海鮮丼を食べてアニサキス症になったと言っていたので、お店側もアニサキス症の知識が無い人も多いのかもしれません。おそらく調理師の免許などを取得している方々なら知っていると思うんですが・・・



調理師の免許を持っていなくても調理は出来ますから、アニサキスの知識のない方が調理をされている場合もあるんでしょうね。(おそらくですが・・)




サンマや鮎、ヤマメの塩焼きが好きなんですが、苦味があるけど美味しい内臓部分には寄生虫がいることもあるので食べない方が良いと言われるんですが、寄生虫なんて知らないという方も多くなっているでしょうね。



今のところサンマや鮎、ヤマメの塩焼きを食べて腹部の激痛が起きた事はありませんが、しっかり内臓部分も70℃以上の加熱が出来るように焼けば大丈夫だと思います。




僕は魚釣りも好きで釣った魚を食べることが多いんですが、これからはもっと加熱するようにして食べようと思います。また刺身で食べたい時はアニサキスがいないかを確認して、刺身には細かく切れ込みを入れるなどしていきます。



アニサキスは退治できない?

アニサキスにはわさびや醤油、酢 、塩などを用いても退治することは出来ないそうです。『わさびとか効きそうな感じがしたんですが無駄のようですね。』わさびって殺菌作用があるんですが、アニサキスを殺菌できる効果は無いそうです。


塩を使ってもダメみたいです。これも効きそうな感じはしましたけどね。お酢も効きそうな感じがしましたけどダメみたいです。
(/・ω・)/おてあげー!



マス寿司でもアニサキスが発生したこともあるそうで、お酢を使ってもアニサキスを殺菌は出来ないです。現在は養殖のマスが使用されているため、ほぼアニサキスがいることは無いそうです。なので安心してマス寿司を食べても大丈夫です。




マス寿司美味しいから良かったー!
(*´ω`*)


やっぱり弱いのは熱をあたえること』みたいです。
(。-`ω-)



あとは体に傷をつけること、包丁などで体に傷がつけば弱ってしまうそうです。



寄生虫は野菜にも

生の野菜にも寄生虫はいてサラダが好きな方は注意してくださいね。僕もサラダは好きな方なんですが生野菜には寄生虫がいることもあるそうです。なのでサラダを食べたる前に流水でよく洗ったり70℃の熱湯で浸してから食べるなどしたほうがいいでしょうね。



海外からの輸入野菜、有機栽培で育てられた野菜も、しっかり熱湯で殺菌してから食べるといいでしょう。皆さんも生で魚介類や野菜を食べる時は気をつけてくださいね。




サバやイカ、サケ、ブリ、サンマなど美味しい魚介類ばっかりで残念ですね。僕は魚が大好きなので絶対にこれからも食べるだろうし、しっかり下処理をしたり、よく噛んで食べれば感染率も下がるという事なので気をつけて食べるようにします。



川魚にも寄生虫がいる

アニサキスではありませんが川魚にも寄生虫がいて、川魚も生で食べる事は避けたほうがいいです。他にもカニやザリガニ、エビ、貝類、カエルなども生で食べるのは危険なので、内臓を取り除きしっかり焼いたり煮るなどしてから食べるようにしましょう。




川魚の寄生虫はアニサキスと違って、死んでしまう事もありますので本当に気をつけてください。








最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です