やっぱり面白い映画の小林サッカー、最近はスマホゲームもあるようです。


少林サッカー デラックス版 [DVD]

みなさんいもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)



どうもしんたろーです。



皆さんは『小林サッカー』って映画を観たことありますか?



小林サッカーって中国の映画なんですけど、これがいつ観ても面白いんですよね~。何回でも笑ってしまうんです。面白かったので、今回は『小林サッカー』について簡単に紹介してみたいと思います。



中国でも著名な監督で自ら脚本や主演も務めたチャウ・シンチー、今回の小林サッカーはキル・ビルなどで監督を務めたタランティーノ監督を絶賛させた映画です。チャウ・シンチー監督と言えば、カンフー・ハッスルなんかも面白いですよね。



少林拳とサッカーというありえない組み合わせで衝撃を受けた作品ですね。『そんなのありえないだろー』ってところがいいんでしょうかね?ついつい笑いを誘う作品ですね。主人公のチャウ・シンチーが、まるで武井壮さんみたいで思わず笑ってしまいます。
(*´ω`*)



簡単にストーリー紹介

▼映画ストーリー

チームメイトの(パトリック・ツェー演じる)ハンから八百長を持ち掛けられたサッカー界のスター選手だった(ン・マンタ演じる)ファンは、ハンから小切手を受け取り試合でわざとシュートを外した。



ファンのシュートはハズレ、結果チームは負けてしまう。負けたことに腹を立てたサポーター達は、ファンに襲い掛かる。



サポーターの暴挙によって、”黄金の右脚”と言われた足を負傷してしまいファンは引退に追い込まれてしまう。



黄金の右”に代わりスター選手となったハンは20年もサッカー界で君臨し、今やサッカーチームの監督を務めるまでに、一方で足を負傷しサッカーを引退してしまったファンはハンの雑用係となっていた。



途方にくれて繁華街をうろつくファンの前に”少林拳を効率よく広める研究をしている”と言う清掃のバイトをしている(チャウ・シンチー演じる)シンという青年に出会うことに・・・



彼が言うには、現代社会で起きる身近なトラブルは、少林拳を習っていればトラブルは解消されるという。しかし、少林拳に関心のないファンは、そこでシンと別れてしまう。



ファンと別れたシンは街で集めたアルミ缶とペットボトルを売ったあとに”甘み饅頭”という店に立ち寄る。シンはその店で、太極拳で饅頭を作る(ヴィッキー・チャオ演じる)ムイに出会う。



彼女の太極拳で饅頭を作る手捌きに驚愕し、思わず歌ってしまうシンだったが、饅頭を無銭飲食したいだけであった。



再びシンとファンは出会い、そこでシンはサッカーで少林拳を広めることが出来ると思い、メンバーを集めるために、かつて一緒に少林拳を学んだ5人の兄弟弟子をあたることになる。



再び集まった5人だったが、サッカーに関しては全くの素人で基本や知識すら知らない彼らだったが、日に日に練習の成果が見え始め、練習試合を行うが散々な結果だった。



・・かに見えたが、悔しさを思い知った彼らは本来持っていた少林拳の力を覚醒する。



少林拳の力に圧倒された対戦相手達が仲間に加わりサッカーチームが完成する。



大会に出場できることになった彼らの強さに対戦相手も驚愕、しかし決勝で待ち受けるハンが送りこんだチームの強さに果たしてファンのチームは勝つことが出来るのか?



簡単に感想

中国の映画なんですが、日本人でも笑いのつぼは同じかもしれないです。ホントに笑ってしまう場面が多かったですね。



CG技術をふんだんに使っていて、何から何まで『ありえないでしょ!』ってなりますね。役者さんも面白いし、ムイ演じる(ヴィッキー・チャオ)が可愛らしいです。登場キャラクターも個性的な方が多くて楽しませてくれる映画ですね。
(*´ω`*)



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA